帽子の型崩れ

帽子の型崩れ幼稚園で使うフェルト生地の園帽からNew Eraのキャップ、麦わら帽子までほとんどの帽子の型崩れを専用機械と職人の手作業によって直します。
山梨県に一台しかない宮田の帽子仕上機は、手作業では行えない成型しながら十分な蒸気を与えることができるので、通常のクリーニング店ができないアパレル仕上げが可能となっています。
とはいえ、やはり使用することによる変則的な型崩れはクリーニング職人が手作業で直す必要がありますが、当社の帽子・ハット・キャップのクリーニングサービスはすべて専用機と職人のダブル工程で質の高い帽子クリーニングを提供しています。
安心してご注文ください。

帽子仕上機の様子

帽子のカビ取り加工

帽子のカビ取り加工汗や雨でぬれた状態で保管しておくと特に内側にカビが発生します。
カビは水溶性の汚れです。帽子専用機械がないお店では型崩れを恐れ、ドライクリーニングしか行えない場合が多く、カビは落としきれません。
また、目に見えるカビは簡単なシミ抜きでも落ちるのですが、厄介なことに表面化していないカビの成分は残りすぐにまたカビが広がってしまうことがあります。
当社のカビ取り加工なら丸洗いをしてカビを根こそぎ除去します。
帽子を1点洗うとバケツ1杯分が真っ黒に汚れるくらいカビが出ます。
汚れが進行している場合は2度洗いしますのでご安心ください。

帽子の色あせ対策にUVカット加工

帽子の色あせ対策にUVカット加工UVカット加工を施しておけば、直射日光による紫外線対策はもちろん、日が当たることによるヤケ・色あせを軽減する効果もあります。
麦わら帽子には紫外線対策でUVカット加工をオススメ、New Era のようなキャップ帽子には色あせ対策にUVカット加工をオススメです!
当社の加工剤はすべて信頼のツー・エム社製品を利用しています。

帽子の超撥水加工

帽子の黄変抜き

帽子の黄変抜き汗で白くシミができたものをそのままにしておくと、黄色く変色します。
これを黄変(おうへん)といい、汗の成分が酸化することによって生地の色を黄色く変えてしまいます。
通常のシミ抜きはあくまでも生地の上に付いた汚れを取り除く処理なので黄変のように生地の色が変わってしまった場合は、リスクの高い薬品を用いて化学反応を利用した特殊シミ抜きを行わないと取り除けません。
そのような難易度の高いシミ抜きも特殊シミ抜きといって通常のクリーニング代金に追加して行うサービスも取り扱っています。※目安料金は1,000円~2,500円の追加料金

帽子のノリ付け

帽子のノリ付け購入したときのハリがなくなってしまったという方にオススメです。
適度なハリを戻すノリ付けを行います。
オススメ商品は園帽などのフェルト生地製品や麦わら帽子がオススメです。

料金

品名スタンダードDXプラチナ加工料
学帽9101,6502,250550
サンバイザー6601,1001,500550
ハンチング9101,6502,250550
ベレー帽9101,6502,250550
キャップ帽9101,6502,250550
官帽1,1102,0902,850550
官帽カバー440616840550
ハット2,1604,4006,000550
特殊ハット5,76012,32016,800550
シルクハット2,6605,5007,500550
キャペリン1,7603,5204,800550
皮付き帽子2,1604,4006,000550
ニット帽5508581,170550
防災頭巾8801,5842,160550
麦わら帽子1,9603,9605,400550
ペーパーハット2,9606,1608,400550
ナースキャップ6001,3201,800420
白帽子4409681,320290
作業帽子6001,3201,800420
ネット帽200440600290
三角巾4008801,200290
和帽子6001,3201,800420
コック帽8001,7602,400290
合皮付帽子8,000--1,500
皮付帽子5,800---
園帽9101,6502,250550
園帽(麦わら)1,0101,8702,550550

実績